NEWS_SINGLE

みのるが書く・・・トリックオアトリート!!!!!

今日はハロウィンだそうです。ウィキペディアでは、(引用してもよかったと思いますが・・・だめならすぐ消します)

ヨーロッパを起源とする民俗行事で、毎年10月31日に行われる。西ヨーロッパ古代のペイガニズムにもとづく死者の祭りおよび収穫祭、とりわけケルト人の行うサウィン祭英語版に由来するとされている」

さらに、詳しくいろいろ書いてありましたが、そういう難しいことはよくわからないのです。(´?д?;`)

さて、わたしは生まれてこの方ハロウィンなるものをやったことがないのですが、かぼちゃが好きなので、そこは共通点かな。どうやらオレンジのかぼちゃの中をくりぬいて、皮に穴を開けて目とか口とかにして、中に蝋燭を置いて造るランタンを「ジャックランタン」と呼ぶのだそうです。これは作るのが楽しそう。だけど、これ、生のかぼちゃでやるのでしょうか。皮も実も固いですよ、生でやると。スプーンが折れるでしょう。やっぱり、レンジでチンするのでしょうか。

今、ちょっと調べてみたら、どうやら日本のかぼちゃではないようです。
「おばけかぼちゃ」という種類じゃないとだめらしい。これは柔らかくて、中もくりぬき易いらしく、日本のかぼちゃと違って皮も黄色。中身はぐちゃぐちゃらしいですよ。中身捨てちゃうんでしょうか。

しかし何より、私がやってみたいのは「トリックオアトリート」です。これは、「おかしをくれなきゃ、いたずらするぞ」という意味だそうです。この習慣はいいですね。大人はお菓子をあげる側ですが、いつまでも少女の心を持ち続けることを言い訳に、私はいつまで経っても貰いたい側です。いやー仮装してお菓子をもらい練り歩くなど、相当テンションあがります。ハッピーターンとか貰えると、いいですね。もう何年も食べてないな。

日本のかぼちゃではジャックランタンは作れませんが、クックパッドを覗くとめちゃくちゃたくさんのハロウィンにちなんだ料理のレシピが載っておりました。日本のお母さんたちは素晴らしい。
ここで一つ注意、かぼちゃは生で切断するのは固くて大変なので、レンジでちょっとチンしてから切ると切りやすくなるそうですよ。包丁さばきにはご注意を!!そして一度は叫んでみたい「トリックオアトリート!!!」

今日はお絵かきツールの調子が悪いので、挿絵はなしでm(_ _)m