NEWS_SINGLE

みのるが書く・・・生き物係でメガネのつるが・・・

あれは、忘れもしない小学校5年生の時の出来事。

わたしは生き物係で、同じ係りの友達と、ウサギが何羽か放されている網でできたサークルへ向かった。

サークルのドアを開けようとしたら、友達(ウラベさん)に背中を思いっきりどつかれた!

わたしはドアにぶつかり転倒、メガネも大きな損傷を受けた、
かたっぽのつるが折れてしまったのだ!眼の悪いわたし、いつもメガネをかけていたけれど、つるが折れるほどの衝撃は初めてだった。
どうしていいかわからず、ウラベさんは、悪ィ悪ィと言ってるだけで、私は膝小僧に擦り傷、全身にドアにぶつかり打ち身となり、その場に崩れ落ちた・・・

だけどまだ授業があったので、折れたところをガムテープで補強したものの、耳の位置もフィット感がまったく感じられず、ガムテープのごわごわがこめかみにあたって、ものすごく不快でした。

家に帰って、また新しいメガネがいるのだとは、なかなか言い切れないと思うけれど、わたしはこの部分の記憶が欠落している。怒られたのか、慰められたのか、ただ一つ覚えているのは「ウラベが悪いんよ!!」と言ったことだけだ・・・

BlogPaint