NEWS_SINGLE

みのるが書く・・・アーモンドのにおいの・・・

ずいぶん前になりますが、
これは、わたしのベッドにコロッケが寝ていた時に起きた事件です。

夜中過ぎてわたしはガーガー寝ていたのですが、コロッケがなんだかわんわん吠えて起こすんです。たぶん、起きる時間を勘違いしているのだと思って、「コロッケ、まだ早い、まだ朝じゃないんじゃけえ」とかいって、わたしは鳴き声を無視してまた寝ました。

すると、朝起きた時にアーモンドのにおいがしました。そして、布団がぬれています。

「アーモンドのにおい=青酸カリ」という、安直なミステリの請け合いで、わたしはこれはころっけに何か起きたんだ、と思い、焦って親に事の次第を告げに行きました。

「コロッケが透明で、アーモンドのにおいのするゲー(失礼)したんよ!これは、大変なことよ!!」

そんなはずはない、と一蹴されましたが、よく見てみると、それはゲーではなく、おしっこでした・・・
シーズーのおしっこのにおいはアーモンド、という、ありがたくない実体験を得ました。

ちゃんと、夜中に騒いだときにおしっこに連れていければよかったのに、爆睡していたから、これはコロッケが悪いんじゃありませんな・・・教えてくれたのに気付かなかった。

ホント、動物が喋れたらいいのになあ・・・でもカンナなんか、たぶんいつも「オレに飯をよこせや!」と言っているんだろうな。よく家族で言ってます。カンナは自分のこと「オレ」って言うはずだ、「てめえ、早く飯を食わせや!」、とか言ってるんだろーって。

そしてナナキは「ぼく、わかんなーい」って、言ってるんだろうなあ。

BlogPaint