NEWS_SINGLE

みのるが書く・・・衝撃の不定期連載「もん」①名前の由来

我が家の動物の中で、ついに、この生き物の生態について言及するときがやってまいりました。
(とかいって、大したことではない)

その生物は「猫」であり、「ヒマラヤン」であり、顔が凹んでいます。
しかし、猫というより「狸」で、「ヒマラヤン」であるはずが、血統書が送られてこないという、
まさに破天荒な猫であります。その名は・・・

「もん」

①名前の由来
わたしが東京から広島に戻ってきたときのことです。あたらしい、猫を飼いたいねって話になりました。そこで思い当たるペットショップにいくつかいってみて、唯一残っていたのがヒマラヤン(仮)のオス猫だったのです。彼はもう生後8か月になっており(それも本当かどうか怪しいですが)、とてもおとなしく、ふわふわしてて、よかったのですが、顔がひっこんでました。だけど、何かの縁で、飼うことにしたのです。

名前は以前から決まっていました。
「シュークル」という名前です。これは、わたしが、雑誌で読んだのですが、サッカーの中村俊輔選手の飼ってる犬(?)の名前で、それを頂いてつけました。意味は「砂糖」(何語かは忘れた)というものだそうで、かわいくて、いい響きだったので・・・

ところが、
シュークルは、粗相のほうがへたくそで、いろんなところにおしっこや、う〇ちしちゃうんです。それでシュークルじゃないよ、ってことになり・・・ついた名が・・・「みどりのマキバオー」の本名、う〇こたれ蔵。

そして、時はちょっくら流れ、たれ蔵は、運の強いネコだねって話になりました(この辺、また、別の機会で書けたらと思っております)。さらに当時よく見ていたダウンタウンのDVDのトークで、守護霊の話がありました。
そのトークでは、浜ちゃんの背後霊が「もんごういか」だ、というオチだったのですが、それに関係して、たれ蔵があまりにもおとなしく、運が強く、悟りを開いているかのような猫だったんで、この猫は我が家の守護霊じゃないか、という話になり、「もんごういか」の頭をとって「もん」、とたれ蔵のことを呼ぶようになったのです。

つまり・・・
シュークル→たれ蔵→もん

ちなみに、かかりつけの動物病院では、カルテに「たれ蔵」と明記されております。たれ蔵です、と受付に言ったら、笑いをこらえるお兄さんたち・・・

BlogPaint
こんな、もんについて、いくつかネタを不定期連載で書いてみようかと思っております。
今度は写真をなんとか見つけたいと思います。