NEWS_SINGLE

みのるが書く#134・・・映画館でものを食べる

ひとりでぶらっと映画館に入って、好きなものを食べながら画面をじっと見るというのがわたしは好きです。
最近はまったく行けてないけど・・・

高校生のころは学校帰りにおこづかいがあれば映画館に入って、よく映画を見ました。
そこで、映画館で食べるものは、お菓子でした。

ポップコーンもおいしいし。
あんぱんも捨てがたい・・・

コンビニで何か買って、入ることもありますな。そういう時は、音の立たないものを選びます。あと、おいしそうな匂いのしないもの。マックなんか食べたいけど、ポテトやハンバーガーのにおいがしちゃうんで、避けます。
大学生のころは、通学路にあった、映画館にお昼ご飯などを買って入り、もぐもぐ食べておりました。音の立たないものって、でもけっこう、難しい。

ビニールに入ってるものは(菓子パンなど)開けるときにどうしても音がするし、ポテチとかは食べるときに音がする。そして一番困るのは、お腹がすいてしまって、映画がシーンとした場面のときなどにお腹が鳴ってしまうときであります!緊迫したシーンやいいシーンなどでも、これが起こりそうになると、映画に集中できない・・・

となると、家でDVDを借りたり買ったりして見るのが、一番気楽であります。
好きなものを食べつつ、家でのんびり映画鑑賞、これは人生においてかなりの幸せなのではなかろうか。

だけど、映画館でないと味わえないものもあるよーな気もするし・・・あのめちゃくちゃ大きな音とか、画面の大きさ、

・・・昔、映画館であまりにも映画が面白くなくて眠ってしまったことがあります。「ワイアット・アープ」という西部劇です。出てくる人がみんな髭を生やしていて、おまけにカウボーイハットをかぶっているので、人物の区別がつかず、ストーリーもよくわかんなくて、寝てしまいました・・・もったいないことをした・・・
BlogPaint
ホント、見分けつかなかったわあ・・・