NEWS_SINGLE

みのるが書く#171・・・絵本大好き③ピエールとライオン

わたしのお気に入り絵本で、

ピエールとライオン
モーリス・センダックさく
じんぐうてるお やく

オリジナル1962年
富山房1986年

これは、
両親になにを言われても
「ぼく、しらない!」と答えるピエールが主人公。
5つのまき(巻)でできています。

あたりがくらくなったときに腹ペコライオンがやってきて、ピエールを食べてしまいます。
お父さんとお母さんが、町までライオンを連れていき、お医者さんに見せます。
お医者さんがさかさまにしてライオンを振ると、ピエールがでてくる、という話。

サイズがちいさくて、とてもかわいい絵本です。
絵もかわいいし、なんだかしゃれています。

短い本ですが、何度も読み返しては発見があるような感じ・・・
おすすめであります!!

もうしわけありません、今日はイラストなしで・・・
おまけに短くて、すみません・・・ぺこぺこ
・゚・(ノД`;)・゚・