NEWS_SINGLE

みのるが書く#188・・・わたしに道を訊く不幸な人たち

本当に方向音痴なことは分かっております。

しかし、ときどき、いらっしゃるのです。・・・・・・

わたしに道を訊く人々が・・・

「すみません、このあたりは詳しくないんで」と、断ることもあります。
しかし、そういかないときがある・・・
流れで、ああ、それなら・・・と答え始めると・・・

どのビルの裏がなんのビルの表か
この道は国道に通じているのか
あの建物はどこの角にあるのか

もうしわけない・・・

昨日、あったんです。
犬の散歩の帰りに、おじさんに呼び止められて、
犬を連れている場所で、道を知らないなんて、ありえない、と思われたのでしょう、
この団地を越えるには、どうすればいいんですかと
訊かれ、
調子よく「国道に出るしかない」などと言い、
別れてから・・・あれ、そうだったっけ、と考える・・・

でも、昨日は、合っていたんです!!!
とてもうれしかった。

こんなことは、めったにございません。
これから、わたくしに道を尋ねる人々よ、
神様からのご加護がございますように・・・

BlogPaint