NEWS_SINGLE

2013年3月6日競技会等でよく使う言葉

スチュワード :広辞苑では 料理番、男性客室乗務員などと出てますが、犬の競技会などでは、審査員のアシスタント的な役割を担っている人のことで、秘書的な仕事、書記のような競技結果の記録、審査結果の記録などを仕事を行う重要な係りの人として呼ばれています。

審査員 :広辞苑では、詳しく調べて適否や優劣などを決める人のこととなりますが、犬の競技会でもその対象となる、競技会、審査会の研修や、条件をクリヤして資格を持っている人のことで、大会では、間違いなくきちんとした服装(スーツなど)をして、審査、審判に当たっています。

ハンドラー :広辞苑では見つかりませんでした。 犬の大会では、基本的に犬を引いている人のことですが、ただ引いているだけでなく、その審査会、競技会で犬の持っている力を十分に引き出すという大切な役割があります。

オーナー :広辞苑では、会社・店舗などの所有者、持船を自分で運行しない船主となっていますが、犬の競技会では、出陳する犬の所有者のことになります。 家庭犬の場合、一般的には飼い主さんのことになると思います。

ブリーダー :広辞苑によると、家畜やペットを繁殖させる人。 特に、犬について言うとなっています。 その通りです。  プロとアマチュアがいらっしゃいます。

出陳犬 : その競技会、審査会に出場する犬のこと。

まだまだ、この世界の言葉がありますが、また次の機会に紹介します。
間違っていたら教えてください。