NEWS_SINGLE

みのるの、ほんじゃそうゆうことで#25・・・忘れがたい赤の女王

映画や、漫画や、ドラマや小説などで、
記憶に残るキャラクターがありますが、
最近、特に記憶に残っているキャラクターは、
「アリス・イン・ワンダーランド」の、
赤の女王であります!

演じているのは、ヘレナ・ボナム・カーターです。
顔の大きさはCG処理で、完成版はもとの3倍のでっかさらしいです。

この女王は、駄々っ子で、
気に入らない家来などがいると、
「首をはねておしまい!!」とどんどん恐ろしいことをやってしまうのです。

だけど、わたしとしては、その様子が、なんだかちょっと面白いんです。
なんだかちょっと、かわいい。

家来のカエルが、女王のタルトを食べてしまって、
女王が、並んでいるカエルたちに「おまえがたべたのかい?」と順繰りに訊いていくのですが、
犯人のカエルは、口の端っこにクランベリーソース(だったかな・・・??)が残っていて、
それを見た女王は、指でソースをぬぐってぺろりと舐めて、犯人をつきとめるのです。
その様子が、なんだかとてもキュートなのです・・・

赤の女王の妹の白の女王もまた、
とてもおもしろいキャラクターになってます。

この映画はキャラクターが濃くて、とても楽しいですな。

BlogPaint